イマドキ美容整形!賢く使ってナチュラル美人に

女は誰でも美しくありたいもの……

「もうちょっと鼻が高ければ……」「せめて二重になれたら……」「薄い唇をなんとかしたい……」そんな願いを持って毎日鏡と向き合い、長い時間をかけてアイプチをしたり整形メイクをしたり……その時間があればもっとキレイになるための努力ができるのに!でも、顔の作りは変えられない……そんなジレンマに日々悩まされている女性でも、「美容整形はちょっとなあ」と敬遠する人のほうが多いでしょう。「親からもらった顔にメスを入れるなんて!」と反対しても、毎日キレイになりたいと溜息をつくその顔は親からのもらい物。なんというジレンマ……。

高度なメイク術より自然な美容整形!?

「あの人、男性社員には美人ってもてはやされてるけどメイクを落としたら別人だよねー」なんてトイレで友達と言ったことはありませんか?それは心がおブスな女の嫉妬じゃない、「自分はメイクをしてもこの程度なんだ!」という悲しみの声。腫れぼったい一重をつけまつげで盛っても、オーバーリップに口紅を塗っても、自分自身では「でもメイクを落としたら素顔はコレ……」と鏡の前の現実を知っています。美人というのはお国柄によって基準が違いますが、基本的には「左右対称」「肌がキレイ」「歯並びがいい」「毛深くない」「澄んだ瞳」「さらさらとした髪の毛」というのは外せないようです。「求められるものが多すぎる!」と嘆いても簡単には手に入らないものばかり。そして、今日もまた出社前に一時間もかけて顔を作る日々……。時間だけではなく、コスメ代も馬鹿になりません。しかしこう考えれば不可能ではないのかも。最初から二重だったらアイメイクが簡単だし、歯並びがよくなれば笑顔にも自信が出て、全身脱毛したつるつるの手足を出せ好きな服を着て一日中輝いていれば、家に帰れば肌と髪のお手入れだけでよくなる。……なかなか魅力的な生活でしょう?

「メイクを変えたんだよ~」と言っておけばOK!

欧米では歯並びの悪さは貧困の象徴であり、少しお金のある親は子どもが小さいときから歯列矯正をさせてあげるもの。すごい美人も笑ったときに鬼のような歯が見えてしまったら、どんなお金持ちのイケメンも引いてしまいます。いい男を捕まえるのも同性から好印象を抱かれるのも似たようなもの。美容整形といったって、一重を二重に、ボサボサ眉毛をイマドキの垢抜けたスマート眉に、唇を少しふっくらさせるだけならメイクだけでもできちゃいます。だったら逆に、最初から二重になって、医療アートメイクでアイラインや眉を描く手間を省き、グロスを塗るだけの状態にしたって気づかれることはありません。鼻に入れたシリコンがずれたなんて迷信は昔のもの。技術が向上した現代のプロに施術してもらうのですから、自然な仕上がりになってがっつりナチュラルメイクと見た目は変わらない顔になれちゃいます。素顔が綺麗になったら心にも余裕ができるもの。それは美容整形を受けた以上の魅力をあなたにもたらすことでしょう。綺麗になるには勇気と打算、ちょっとのずるさは愛嬌にして、思い切ってメイクでの改造を天然にしちゃいましょう!もちろん、医療機関選びは慎重に。

クリトリス包茎の治療法は、美容整形・美容外科で余っている包皮を切除する手術をすることにより治すことができます。